BUSINESS

お金に困らない生き方 ~豊かな未来のために~

人生100年時代。日本の年金制度が破綻

95歳まで生きるには公的年金ほかに老後の生活資金を別途2000万円以上の貯蓄 が必要である。

厚生労働省「国民生活基礎調査」で、年齢別の貯蓄金額を見ると、そもそも貯蓄がゼロである世帯は平均で全体の15%に。年代別にみると、29歳以下15.3%、30歳代14.5%、40歳代17.3%、50歳代14.8%、60歳代14.1%、70歳代15.0%、80歳以上13.9%と、いわゆる40~49歳の氷河期世代で無貯蓄世代の割合が一番高くなっています。

すでに貯蓄額が2000万円以上保有している割合は、全世代平均では15.0%、年代別では29歳以下0.3%、30歳代2.5%、40歳代7.6%、50歳代14.8%、60歳代22.3%、70歳代18.6%、80歳以上18.1%となっています。若い世代ほど少ないのは当然なのですし、高齢世代でも減るのは当然なのですが、ポイントは貯蓄を取り崩し始める直前の60歳代でも22%しか2000万円というハードルをクリアしている世帯がいないという点です。

年金のほかに資産2000万円なんて夢でしかありません。

                            

\この記事はどうでしたか?/

  • この記事を書いた人

福井 秀延

株式会社ミション 代表取締役 福井秀延 WEBマーケター。魔法の質問認定マスター。魔法の質問カードマスタートレーナー。 大手事務機器会社、大手旅行会社勤務を経て、その後、独立。現在はコンサルタント、セミナー講師、“集客特化型ビジネスコンサルタント”でとして活躍。特にインターネット通販事業でショップ支援を行い、売上を100倍にする。2019年から「バーチャル・コーチ」と主軸としたサービスを展開。起業、独立、副(福)業、WEB集客、助成金・補助金支援、人生を変えるファッション「幸服論」セミナーを開催し悩める男性の支援に特化した活動に奔走している。

-BUSINESS